神の心教育・魂を磨く!

お早う御座います。

※名言の紹介※

◆人間である限り、誰でも過ちはある。

しかし賢者や善人は、自分の過ちや失敗の中から、未来に備えるための知恵を学び取る。

プルターク

※命に活力を…※

■人生には、いろいろなことがある。

喜びの日もあれば、苦悩の時もある。

いやになることも起こる。

だからこそ人生は面白い。

さまざまなドラマがあるからこそ、人間である。

何の変化もない、ドラマもない、決まりきった人生は、機械のようで面白みがない。

◎幸運を呼ぶ宝箱※◎

◆瀧廉太郎

憾(うらみ)

瀧廉太郎(たきれんたろう)という人物をご存じだろうか。

日本において最も早く日本語によるオリジナル唱歌を作った一人だ。

「荒城の月」「箱根八里」「花」「お正月」「鳩ぽっぽ」など、日本人では知らない人は

いないだろう。

だが彼が不遇の人生を歩んだことについて知る人は少ない。

当時、瀧は多くの唱歌を作り人気を博した。

だが、その活躍に眉をひそめるもの達がいた。

それは当時の文部省に関係する人物達だ。

若くして才能にあふれる瀧に嫉妬と恐れを抱いた彼らは、ついには瀧に無理矢理ドイツへ

の留学を命じた。

もともと体が強くなかった彼はしぶしぶではあったが、留学を決意。

たぐいまれなる才能で留学先でもその花を開かせようとしていた矢先、突然結核を患って

しまった。

(今現在でもこれは仕組まれていたと見る動きもある)

失意の中帰郷した瀧ではあったが、それから23才の若さでこの世を去るまで数多くの作

品を作った。

ところが政府は、瀧の病気を理由にその多く作品や身の回りのものを焼却処分したことが

わかっている。

瀧はこれまで受けた仕打ちと死後の対応を予感していたのか、一番最後の作品として『憾

(うらみ)』というピアノ曲を作っている。

声楽作品しか作ってこなかった瀧が、なぜ最後の曲にピアノ曲を選んだのか。

ひょっとするとそこには言葉として残してはおけない憎悪のメッセージが、暗号のように

隠されているのかもしれない。

人生相談は気軽に下記までお願い致します。

トータルヘルスケア 安心サロン : http://anshin-salon.com/

関連記事はこちら:

staff の紹介

気功整体師をしております。心が病んでいる方、体の病んでいる方々の為に、 心と体の健康、本当の健康を目指し追求し! いろんな先生方の力をお借りして、一人でも多くの皆様が心身ともに健康に暮らせるように、 お手伝いをさせて頂いております。
カテゴリー: その他, サロン日記, トータルヘルスケア, 人生相談, , 教育, , 魂を磨く   タグ: , , , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク
  • にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 筑後(市)情報へ にほんブログ村 健康ブログ 整体へ にほんブログ村 健康ブログ 代替療法へ

コメントは受け付けていません。