ダイエット体験談・油抜きダイエット!

駆け込み寺・安心サロンのダイエットに成功する!ニュース の掲示板!

ダイエット体験談 油(脂)抜きダイエット!

ダイエットの方法

* 食品に含まれる脂類をなるべく取らないようにする。
* 食べるものは主に野菜やお米類や魚など油を使わずに調理したもの。
* 食事の量は普段通りでよい

ダイエットによる効果

* カロリーの高い油を抜くことで摂取カロリーを抑えダイエットができる

ダイエット期間

* 1ヶ月

ダイエットの結果

ご飯と野菜中心に頑張ってみたのですが体重は増える事は無かったく、減りもしませんでした。
減らなかった理由は、このダイエット法を実践していたある方が、ご飯何杯食べても太りません、と言っていたので、おかずの量が少ない分ご飯の量を増やして食べていたからです。
やはりご飯も食べ過ぎると太ります。

もともと、脂肪分の少ない食事をしていたので、脂肪分をカットすると必要な油まで足りなくなったせいか、肌がものすごく乾燥しました。
ダイエット中でも油分はある程度必要なので油の種類を選んで取る必要がありそうです。
普段脂肪分の多い食事をしている人には良さそうです。!


駆け込み寺・(安心サロン・ダイエット館) では、ダイエットに成功する様々な情報をお伝えしております。


ダイエットに関する・お問い合わせはhttp://anshin-salon.com/diet/contact

半身浴しながらできるエクササイズ!

安心サロンのダイエットに成功する!ニュース の掲示板!

半身浴しながらできるエクササイズ!

半身浴や全身浴しながらできる簡単なエクササイズをいくつか紹介します。
入浴中に運動をすると血行が良くなったり、体が温まりやすくなり、筋肉を鍛えることもできるので代謝がアップしダイエットに役立ちます。

お風呂はとても滑りやすい場所なので、滑らないように気をつけて行い、気分が悪くなったらすぐに中止しましょう。
水分補給はしっかりと行いましょう。

ウエスト引き締めエクササイズ

浴槽内で上半身を左右にひねる運動です。
腹筋を鍛えられるのでウエストの引き締めになります。

足のエクササイズ

足を曲げ伸ばしする運動です。
腹筋や足の筋肉を鍛えることができる運動です。

腕のエクササイズ

浴槽の縁に腕を置き、体を持ち上げます。
持ち上げた状態をしばらく保ちます。
腕や背中の筋肉が鍛えられます。
滑らないように浴槽の縁をしっかりつかんで行いましょう。

このほかにもいろいろできる体操を組み合わせて、自分に合った運動にアレンジしてみてください。
ダンベルやペットボトルに水を入れたものを使っての運動などもおすすめです。

「安心サロン・ダイエット館」 では、ダイエットに成功する様々な情報をお伝えしております。

わずか50分でサイズダウンを体感・スピードダイエットお試し体験実施中!

ダイエットに関する・お問い合わせは http://anshin-salon.com/diet/contact

体を温める食材と冷やす食材はこちら!

安心サロンのダイエットに成功する!ニュース の掲示板!

体を温める食材!

にんにく、ねぎ、にら、にんじん、かぼちゃ、ピーマン、 しし唐、唐辛子、しょうが、みょうが、こしょう、シナモン、牛肉、鶏肉、いわし、さけ、海老、もち米、ココアなど

栄養素で主にたんぱく質や糖質などが体を温める効果があり、血行をよくするビタミンEもいいといわれています。
調理法は火を通すようにしましょう。

体を冷やす食材

レタス、キュウリ、セロリ、なす、白菜、梨、みかん、柿、かに、アサリ、コーヒー、ビール、緑茶 など

北の寒い地方でとれる食材や、冬にとれる食材は体を温め、南の暖かい地方でとれる食材や、 夏にとれる食材は体を冷やすといわれています。

低体温や冷え性を改善しダイエットしやすい体作りをしましょう!

「安心サロン・ダイエット館」 では、ダイエットに成功する様々な情報をお伝えしております。

わずか50分でサイズダウンを体感・スピードダイエットお試し体験実施中!

ダイエットに関する・お問い合わせは : http://anshin-salon.com/diet/contact

ダイエット成功のコツ3!

安心サロンのダイエットに成功する!ニュース の掲示板!

ダイエット成功のコツ3!

ダイエットを何度も失敗して繰り返し、痩せにくい体を作ってしまわないために、ダイエットを成功させることが大事です。
うまくコツをつかんでダイエットを成功させましょう。


体重を測らない、カロリーを計算しない!

体重やカロリーばかり気にして神経質になり、増減に一喜一憂していては気持ちが持ちません。
人はだれでも1日の消費カロリーやトイレに行く回数などが違い、太ったわけではないのに体重が減らないこともあります。
体重で一喜一憂してしまう人は何日かに1度測る程度で大丈夫です。

カロリーも体重と同じように、1日ごとに消費カロリーは違ってきます。
自分がどのくらいのカロリーを摂取しているか把握することは大切ですが、カロリーもすべてが体のエネルギーになるわけではないですし、同じカロリーでも体脂肪になりやすい物となりにくいものがあるので、毎回細かく計算する必要はありません。


カロリーを計算するストレスもダイエットが失敗に終わる原因でもあるのです。
カロリーを計算するよりも、食事の内容を見直し体に良い食事に変えましょう。

停滞期をうまく乗り越える

ダイエットをしているとあるとき急に体重が減らなくなったり、逆に増えてしまう時期があります。
この時期を「停滞期」といいます。

停滞期は体が食事の量や体重が減ったことに対して危機感を感じ、少しのエネルギーで体を動かるようにしたり、今まで以上に食べ物から栄養を吸収しようとするためにおこります。

停滞期はどんなダイエットでも起こり、この時期をうまくの切れるかでダイエットが成功するか失敗に終わるかが決まってきます。
多くの人は停滞期に入ると食事制限を厳しくしたり運動量を増やしても思うように体重が減らないので、ストレスがたまりドカ食いをしてしまったり、ダイエットを止めてしまいます。

停滞期は体重を減らそうとしてもなかなか減らないので、増やさないことを続けましょう。
食事制限や運動の量を少し軽めにして体重を維持したり、食事の内容を見直し足りない栄養素があれば補ったりして、停滞期が過ぎ去るのを待ちましょう。
停滞期にはあまり体重計に乗らないようにしたりして、ストレスがたまらないように 今までどおりのダイエットを続けましょう。

ダイエットに集中しすぎない、ダイエットを楽しむ

ダイエット中は常にダイエットのことばかり考えていたのでは、余計なストレスがたまります。
あまり気にしすぎないのもよくないですが、あまり考えすぎないようにしましょう。


ダイエットは辛いイメージがありますが、そのイメージを楽しいものに変えてみましょう。
例えば、運動中に好きな音楽をかけてテンションをあげたり、食事を作るときに新しい料理を考えたりきれいに作ったりして、何でも楽しみながらダイエットをしましょう。
ダイエットは辛いと思うとなかなか長続きしないので、辛いと思うことは楽しくなるように改善してダイエットをするといいと思います。

どこかで食べたいものを見つけたときに、それを食べたつもりでその食べ物の金額を貯金し、ダイエット成功したときにそのお金を自分へのご褒美にするダイエット貯金はおすすめです。
ダイエットを続けていればどんどんお金が貯まるので励みになります。

ですが、我慢のしすぎには 気をつけましょう。
それと、ご褒美でドカ食いをして、ダイエットを無駄にするようなことだけは避けましょう。
食べ物より欲しかった服やアクセサリーなどを買うといいと 思います。
ダイエットが成功したときに、自分へのご褒美をしようとしてもお金が無かったら どうしようもないですからね。

などなど自分のダイエットに合ったコツをうまくつかんで頑張ってみましょう!
考え方を少し変えるだけで、ダイエットは辛くなったり、楽しくなったりします。
辛いダイエットよりは楽しいダイエットのほうがストレスはたまらないので、 楽しくストレスの少ないダイエットをはじめましょう。


「安心サロン・ダイエット館」 では、ダイエットに成功する様々な情報をお伝えしております。

わずか50分でサイズダウンを体感・スピードダイエットお試し体験実施中!

ダイエットに関する・お問い合わせは http://anshin-salon.com/diet/contact

ダイエット成功のコツ・・・その2 

安心サロンのダイエットに成功する!ニュース の掲示板!

ダイエット成功のコツ2

ダイエットを何度も失敗して繰り返し、痩せにくい体を作ってしまわないために、ダイエットを成功させることが大事です。
うまくコツをつかんでダイエットを成功させましょう。


ダイエットを宣言する

周りの人に「私はダイエット中です!」と宣言すると、くじけそうになったときなどに周りの人たちが応援をしてくれたり、 監視役になってくれたり、食べ物を進められたり食事に誘われたりしても断りやすくなります。

宣言をするのはなるべく協力的な人だけにしましょう。
ダイエット中なのをいいことに、食べ物を目の前にちらつかせたり、わざとらしくおいしそうに食べて見せたりするような、非協力的な人には 止めておいたほうがいいかもしれません。
逆にストレスがたまってしまいそうですから。

一緒にダイエットをする人を見つける

ダイエットは一人でやるよりも誰かと一緒にする方が成功します。
一人でやっていると誰にもダイエットの愚痴を言えなかったり、達成したことを褒めてもらえなかったりとストレスがたまりがちです。
誰かと一緒にダイエットをすると、お互いを監視したり、ライバルになったり、励ましあったりもできたり、一人ではつい気が緩んでしまうときでも、 心強いみかたになってくれることでしょう。
家族や、仲のよい友達を誘って一緒にダイエットするのはとてもいい効果があると思います。

ついつい自分だけになってしまわないように、一緒にダイエットしている人のサポートも忘れないようにしましょう。
何かを達成できた時はお互いに褒め合うことが大切です。
ライバル意識が強い人とでは逆効果になることもあるので気をつけましょう。

達成できる目標をつくる

あまり大きな目標を立てると、ほとんどの場合なかなか達成できない自分にイライラしたり、「もう無理!」とすぐにあきらめてしまいます。
ダイエットはゆっくり続けていくことが大切です。
目標は小さくして我慢も小さくて済むようにしましょう。


「1ヶ月1キロ落とす」や「1ヶ月で体脂肪率を1%減らす」くらいの達成しやすい目標にすると、我慢も小さくあせる気持ちも無く、無理と思ってあきらめて しまうこともなくなると思います。
達成できることで次の月も頑張ろうと意欲がわいてきます。

安心サロン・ダイエット館 では、ダイエットに成功する様々な情報をお伝えしております。

わずか50分でサイズダウンを体感・スピードダイエットお試し体験実施中!

ダイエットに関する・お問い合わせは http://anshin-salon.com/diet/contact