7月5日(日曜日)・褒める人より叱る人!

お早う御座います。

褒める人より叱る人!

人間誰しも褒められて嬉しくない人はない。
なかにはお世辞を真に受け、高慢になって失敗する人もある。
叱られて腹を立てる人もいる。
一方、立派になる人は、叱られたとき、これを喜んで受け入れる。
叱る人は本当に自分を思ってくれている、と知っているからである。
叱られたときは喜んで受け、謙虚に自分を成長させよう。

人生を楽しむ為に! おもしろきこともなき世を・・・!

楽しい一生をおくる為に!

悔いのない毎日を!

◆おもしろきこともなき世をおもしろく 住みなすものは 心なりけり。

by 高杉晋作

※ 見方考え方捉え方ですよね!

■グチや怠惰は、老いを加速する。

指導者が生き生きと進んでこそ、皆も元気になる。

前進に勢いが生まれる。

※ 過去と相手は変えられないという事なので前進あるのみなのですね!

◆六十パーセントの見通しと確信ができたならば、

その判断はおおむね妥当とみるべきやないかな。

お互い人間としては、見通せるとしてもせいぜいが六十パーセントというところ。

そのあとは、その人の熱意と、勇気と実行力や。

by 【松下幸之助】

※ 100パーセントの確実を求めてはいけないのですね!

7月4日(土曜日)・希望は暗夜を照らす光!

お早う御座います。

希望は暗夜を照らす光!

暗闇の中に光が現われると、その場はさっと明るくなり、
見通しがよくなる。
悩み苦しんでいるときの心は暗闇のごとく先が見えず、
やることなすことが失敗に終わり、後悔の連続となる。
日々希望をもって生活することは、暗夜の中の光のごとく、
人生の目的を指し示し、進むべき方向を明確にす

人生を楽しむ為に! 人間、志を立てるのに・・・!

楽しい一生をおくる為に!

悔いのない毎日を!

◆人間、志を立てるのに遅すぎるということはない。

by スタンリー・ボールドウィン

※ 思い立ったが吉日ですね!

■人間は、たった一言の言葉で、悩むこともあれば、傷つくこともある。

また安らぎも感じれば、勇気を奮い起こしもする。

ゆえに、言葉が大事になる。

言葉への気遣いは、人間としての配慮の深さにほかならない。

友に”希望の言葉” “勇気の言葉” “励ましの言葉” “正義の言葉”を発し続ける人が、

まことの指導者といえよう。

※ 言霊と言われる様に言葉は大切なのですね!

◆挨拶をすると、自分が一番元気になれるそうです。

挨拶は嫌な顔をして、不機嫌にするものではないですよね。

大きな声ではっきりする挨拶からは、

前向きでポジティブなパワーが湧いてくるようです。

挨拶は、相手の為ではなく、自分の為にすることでもいいのですね。

自分を明るく元気にする挨拶。

実は、そういう挨拶が自然と周りを明るくしていくようですよ。

※ 世のため人のために必要なのですね!

7月3日(金曜日)・明朗な心が境遇を変える!

お早う御座います。

明朗な心が境遇を変える!

「泣き面に蜂」というが、暗い心境が続くと自ずから
よくない結果が現われるものである。
逆もまた真なり。
明るく朗らかな心境をもちつづけていると、よい結果に導かれる。
よい結果を望むならば、日頃からすべての物事を、
「これがよい」と受けきる訓練が必要である。