9月1日(火曜日)一粒万倍日・偉ぶるは馬鹿の始まり!

お早う御座います。

偉ぶるは馬鹿の始まり!

偉ぶっても、偉くなるものではない。
人から馬鹿にされても、馬鹿になるものでもない。
偉ぶれば、教えられることは身につかず、
せっかく前進していたのに、成長がパッタリと止まってしまう。
そして、その鼻持ちならない態度が人に嫌がられ、馬鹿にされる。
偉ぶるそのときから、馬鹿になり始める。

人生を楽しむ為に! 平凡なことを毎日平凡な気持ちで・・・!

楽しい一生をおくる為に!

悔いのない毎日を!

◆平凡なことを毎日平凡な気持ちで実行することが非凡なのである。

by アンドレ・ジッド

※ 日々変化を感じ努力する事ですよね!

■けっして自分に負けない、主体と信念の人たれ。

※ 人間意志が弱いのですよね!

◆何事にも前向きに取り組む心持ちは大事だそうです。

人の心がわかる心の大きさや、悲しませない優しさなどですね。

この心持ちが意識出来るかどうかの違いはとても大きいようです。

相手を受け入れる時にも、大きな違いを生み出します。

目に見えるものを磨くように、思いも磨く。

そう意識することで、人やものごとの捉え方が変わってくるようですよ。

※ 十人十色全てを受け入れるのですね!

8月31日(月曜日)・人生劇の役は己が決める!

お早う御座います。

人生劇の役は己が決める!

人生は演劇である。
自分の人生においては、常に自分が主役であり、脇役にはなれない。
この人生において、自分の役者としての個性や力量を十二分に発揮するには条件がある。
それは、己のわがままを捨て、世のため人のために働くこと。
その程度に比例して、人からますます重要な役が与えられる。

人生を楽しむ為に! 今を戦えない者に次とか来年とか・・・!

楽しい一生をおくる為に!

悔いのない毎日を!

◆今を戦えない者に次とか来年とかを言う資格はない。

by ロベルト・バッジョ

※ 思い立ったが吉日という事ですよね!

■君と語っていると、愉快な交響楽を聞いているようだ……といわれる、

私は、友の激励の存在になりたいのだ。

※ 世のため人のためにの精神なのですね!

(長文です)

◆仕事とは、人にまみれてするものです。

上司、部下、取引先、お客さま…。

そこには、実にさまざまな人がいます。

人格者もいれば、わがままな人もいる。

強い人もいれば、弱い人もいる。

仕事のできる人もいれば、できない人もいる。

好きな人もいれば、嫌いな人もいる。

そして、私たちは、一緒に仕事をする相手を、基本的に選ぶことはできないのです。

そうした人間の渦のなかで、私たちは、

一つひとつの仕事をやり遂げていかなければなりません。

必ずしも自分が思うように事が進むわけではありません。

最善を尽くしても力が及ばないこともあれば、

理不尽な非難の矢面に立たされることもあります。

ときに深く傷つき、疲れ果てます。

そんなとき、誰しも、嫉妬、嘘、悪口、死は意欲など、

「負」の感情に飲み込まれてしまいそうになることもあります。

人によって、どっぷり浸ってしまうこともあるでしょう。

私も、何度も「負」の感情にとらわれそうになりました。

人間とは弱い生き物だとつくづく思います。

そんなとき、私がいつも思い起こすのが、

ガンジーやマザー・テレサのような人物です。

彼らも、人の子です。

きっと、「負」の感情にとらわれそうになったことがあるはずです。

しかし、自分を磨き上げ、物欲や支配欲、嫉妬、悪口から離れ、

すべての人を愛する境地にたつことができたのです。

彼らのことを思うと、自分ももっと強くなれると勇気付けられたものです。

by 佐々木常夫

※ 地道にコツコツ努力することなのですね!

8月30日(日曜日)巳の日・本を忘れるから悪くなる!

お早う御座います。

本を忘れるから悪くなる!

人が不幸になるのは、物事に対する感謝の気持ちを忘れるからである。
自分ひとりでここまで大きくなったのではない。
人間は天地自然をはじめ、人、物にさまざまな恩恵を受けて生きている。
この大切なことを忘れてよりよい人生を歩めるはずがない。
確固たる恩意識が本となり、見事な創造発展がある。