9月3日(木曜日)・明朗な心が境遇を変える!

お早う御座います。

明朗な心が境遇を変える!

「泣き面に蜂」というが、暗い心境が続くと自ずから
よくない結果が現われるものである。
逆もまた真なり。
明るく朗らかな心境をもちつづけていると、よい結果に導かれる。
よい結果を望むならば、日頃からすべての物事を、
「これがよい」と受けきる訓練が必要である。

人生を楽しむ為に! 山中の賊を破るのは・・・!

楽しい一生をおくる為に!

悔いのない毎日を!

◆山中の賊を破るのは易しく、心中の賊を破るのは難し。

by 王陽明

※ 過去と相手は変えられないという事なのでしょうか!

 

■太陽が昇れば、それを隠そうとする雲もある。

しかし、どれほど雲が集まろうとも、太陽は太陽である。

太陽の光を消すことは、絶対にできない。

※ 周りを気にする事無く自分に自信を持つ事なのですね!

◆他人について、とやかく言う人の発言は気にせず流してしまう方がいいそうです。

特にネガティブな発言に関しては、相手にしないことですね。

そういう発言を過度に取り入れてしまうと、自分自身を迷わせてしまうようです。

大事なのは、自分をしっかり理解し惑わされないことですね。

人は、自分を防護したいがあまり、他人のことをあれこれ言いたがる傾向があります。

自分をしっかり理解出来てくると、他人の欠点が気にならなくなってくるようですよ。

※ 周りを気にする事無く自分に自信を持つ事なのですね!

9月2日(水曜日)天赦日・今日しなければ再びする日はない!

お早う御座います。

今日しなければ再びする日はない!

今日はまたとめぐって来ない好日である。
世の中には、その今日を取りにがす人が多い。
せっかくチャンスが目の前にあっても、
日の吉凶にとらわれたり、なまけ心、心配性が出てしまう。
成功の秘訣は今日という日を活かし切ること。
気づいたときに、気軽に喜んでさっと対応することである。

9月1日(火曜日)一粒万倍日・偉ぶるは馬鹿の始まり!

お早う御座います。

偉ぶるは馬鹿の始まり!

偉ぶっても、偉くなるものではない。
人から馬鹿にされても、馬鹿になるものでもない。
偉ぶれば、教えられることは身につかず、
せっかく前進していたのに、成長がパッタリと止まってしまう。
そして、その鼻持ちならない態度が人に嫌がられ、馬鹿にされる。
偉ぶるそのときから、馬鹿になり始める。

人生を楽しむ為に! 平凡なことを毎日平凡な気持ちで・・・!

楽しい一生をおくる為に!

悔いのない毎日を!

◆平凡なことを毎日平凡な気持ちで実行することが非凡なのである。

by アンドレ・ジッド

※ 日々変化を感じ努力する事ですよね!

■けっして自分に負けない、主体と信念の人たれ。

※ 人間意志が弱いのですよね!

◆何事にも前向きに取り組む心持ちは大事だそうです。

人の心がわかる心の大きさや、悲しませない優しさなどですね。

この心持ちが意識出来るかどうかの違いはとても大きいようです。

相手を受け入れる時にも、大きな違いを生み出します。

目に見えるものを磨くように、思いも磨く。

そう意識することで、人やものごとの捉え方が変わってくるようですよ。

※ 十人十色全てを受け入れるのですね!