人生を楽しむ為に! 小さいことを積み重ねるのが、とんでもないところへ行くただひとつの道だと思っています。

楽しい一生をおくる為に!

悔いのない毎日を!

◆小さいことを積み重ねるのが、

とんでもないところへ行くただひとつの道だと思っています。

by イチロー

※ 地道にコツコツの積み重ねの様ですね!

■青春時代は、悩みの連続である。

思うようにいかない日もある。

思うようにいかなくて当たり前、それが人生である。

だから面白い。

だから人格もできる。

そう心に定めて一日一日を耐え抜くことだ。

そこに、栄光の朝日が昇る。

※ 全ては通過点全てを受け入れるのですね!

◆人生の正しい生き方というのは、楽しく生きることだそうです。

正しいと思っていても、苦しい生き方では、辛くなるだけなのですね。

どんな人でも、心掛けと行動を少し工夫することで、この生き方は可能になるようです。

心掛けと行動を起こす前に、ほとんどの人は諦めているのですね。

この生き方で、未来は開け、

人は自分にも他人にも心穏やかに過ごしていけるようですよ。

※ 見方考え方捉え方を楽しむ事に向けるのですね!

12月22日(火曜日)一粒万倍日・良師は航海の羅針盤!

お早う御座います。

良師は航海の羅針盤!

人生は大海原の航海に譬えられる。
いつも凪であればよいが、そうはいかない。
嵐もあれば台風のような荒波もある。
一番恐いのは方向を見失うことだ。
悩むことはよい、方向が分かっているから。
迷うのは困る、方向が分からないから。
人は師によって成長する。良師を持て。
教えを乞え。良師は生きる方向を教えてくれる。

人生を楽しむ為に! 「何を考えた」ではなく「何をしたか」行動はその人の信条の図鑑である。

楽しい一生をおくる為に!

悔いのない毎日を!

◆「何を考えた」ではなく「何をしたか」行動はその人の信条の図鑑である。

by エマーソン

※ はじめの一歩、行動あるのみですね!

■人間のみが、人間を励ますことができる。

人間のみが、人間の能力を最大限に引き出していける。

人間のみが、人間を鍛えられる。

人間のみが、人間を目覚めさせ、立ち上がらせることができる。

※ 考える事の出来る動物なのですね!

◆あなたは、生まれながらに素晴らしい能力をもっています。

その能力は、仕事をし続けることでさらに高められるでしょう。

あなたは、生まれながらに素晴らしい心をもっています。

その心は、仕事をし続けることでさらに光輝くでしょう。

仕事は「仕える事」と書き、幸せは「仕合せ」とも書きます。

仕え合ってこそ、私たちは幸福になることができます。

あなたは、生まれながらに人を幸福にできる力をもっています。

あなたは、仕事を通して、人と自分を幸福にすることができます。

ときにはだれでも、自分の意にそぐわない仕事をしなければならないことがあります。

でも、そういう仕事もあなたを人間として成長させてくれるのです。

ときには、自分と合わない人と仕事で付き合わなくてはならないことがあります。

でも、そういう人もあなたを成長させてくれるのです。

仕事は、人間修行の場です。

仕事を通して、自分を磨き、高めていけることは、なんとありがたいことでしょう。

仕事を通して、だれか一人のために役立つのなら、なんとありがたいことでしょう。

辛いとき、苦しいとき、悔しいとき、とてもそう思えないかもしれません。

でも、そんなときも誰にも見えないところで根を張り、ぐんぐん成長しているのです。

いつかあなたが美しい花を咲かせ、立派な実を結ぶために…。

あなたは、生まれながらに人を幸福にできる力をもっています。

あなたは、仕事を通して、人と自分を幸福にすることができるのです。

by 中井俊己

※ 世のため人のために生きているのですね!

12月21日(月曜日)・目が覚めたらさっと起きる!

お早う御座います。

目が覚めたらさっと起きる!

人は自力で目が覚めるのではない。
何らかの事情があり必要があって、
大自然の力により目覚めさせられるのである。
そこからその人の大切な一日がスタートする。
その貴重なスタートをぐずぐずしていたのでは、
その日一日が実りの少ないものとなってしまう。
明るくさっと起きて、充実した一日にしよう。

人生を楽しむ為に! 他人の歯や眼を傷つけながら、報復に反対し、寛容を主張する、そういう人間には絶対に近づくな。

楽しい一生をおくる為に!

悔いのない毎日を!

◆他人の歯や眼を傷つけながら、報復に反対し、

寛容を主張する、そういう人間には絶対に近づくな。

by 中土井鉄信

※ 思いやりのない人に成ってはいけませんよね!

■人間関係を豊かにしていく上で、最も大切なことは何か。

「誠実」である。

結局、「誠実」しかない。

「誠実」は強い。

最高の武器である。

最後は、「誠実」な人が信頼され、勝利する。

※ 地道にコツコツ努力することなのですね!

◆仏陀釈尊は29歳で出家して悟ったのは35歳と言われてます。

生老病死の四苦を解決するため、王子であった釈尊は妻子と地位を捨て出家しました。

6年麻麦の行(麻と麦の粒しか食べずに修行)から、美しい娘スジャータからの乳粥を口

にしてそののち、中道を見つけ菩提樹の元で宇宙の真理を悟ったとされてます。

その後80歳(当時のインドでは平均寿命が25歳、超人的な長生き)までは、この悟った

ことを人に伝えるという生涯だったのです。

…仏陀は、最初、自分が得たことを人に伝えてわかってもらう方が難しいと感じたそうで

す。

「果たして、このことを伝えて、凡人(普通の方)が理解できるのだろうか?」という疑

問が沸いたそうです。

…でも

混沌とした中(カルマ)で苦しんでいる衆生を救うと決意されたのちは、この悟りを人に

生涯説いたそうなのです。

仏陀釈尊が悟りを得たのは、なぜ人は死ぬのか、なぜ人は老いるのか、なぜ人は病になる

のか、なぜ人は生きるのか…このことに真剣に真剣に悩んだのです。

もしあなたが想い悩んでいるとしたら深い深い悩みがあるとしたらあなたは何かを悟れる

間際にいて、大きく成長しているのかもしれません。

その悩みを心の中で丁寧に腑に落ちる感覚で解決できたときそれが一つの悟りであり、人

を救うパワーとなるのです。

悩みこそ希望の光あなたの試練、深い悩みがあなたを成長させ、さらには人をも救うので

す。

※ 世のため人のために生きる事なのですね!