8月16日(日曜日)・自分が変われば相手も変わる!

お早う御座います。

自分が変われば相手も変わる!

解ってくれないと嘆く前に、相手の心情・性質を汲み取り、伝え方を変えてみる。
「この人はこういう人だ」と決めこむ前に、その人の能力が発揮できる場を提供する。
耳を澄ませ、ありのままを見、純情な心に相手の心を映して、柔軟に対応するとき、
状況は見事に好転していくのである。

人生を楽しむ為に!私のような大学も出ていない・・・!

楽しい一生をおくる為に!

悔いのない毎日を!

◆私のような大学も出ていない年をとった無知な女でも、

まだ道端に咲いている花の名前を一日に一つぐらいは覚えることができる。

一つ名前を知れば、世界の謎が一つ解けたことになる。

その分だけ人生と世界は単純になっていく。

だからこそ、人生は楽しく、生きることは素晴らしい。

by シャネルの創業者 ココ・シャネル

※ 地道にコツコツ努力することなのですね!

■太陽が昇る、今日も僕は、新たなる、

僕の歴史を作るために、沈思しながら家を出る。

※ 行動することですべてが始まるのですね!

◆今の仕事に満足をしていない人は「今やっている仕事は嫌いだ。

こんな無駄なことはやりたくない!」と思っているかもしれません。

しかし、人生に無駄なことは何一つとしてありません。

大好きなことをやって生きていく上で、

これまで無駄だと思えたことがすべてあなたの栄養になったということが、

後々わかってくるでしょう。

今やっていることは、決して無駄なことはないんです。

人生というのは、遠回りしようが、近道をしようが、それが自分の道なのです。

今を楽しむ感性が、生来に必ず役に立つ、そう思っています。

楽しむことが自分自身の感性を豊かにします。

いろんなことを考えられる自分になります。

仕事を楽しみましょう♪

※ とにかく毎日を楽しむ事なのですよね!

8月15日(土曜日)寅の日・不平不満は万病のもと!

お早う御座います。

不平不満は万病のもと!

なぜそんなに不平不満があるのか。そんなに相手は劣っているのか。
それほど己は完璧で立派な人間なのか。
不平不満というマイナスの心は自分の血液を濁らせ、めぐりを悪くする。
内臓の働きも鈍くなり、すべての病気のもととなる。
人の争いも物事の行き詰まりも、不平不満の心からきている。

人生を楽しむ為に! 初心忘るべからず・・・!

楽しい一生をおくる為に!

悔いのない毎日を!

◆初心忘るべからず。

by 世阿弥元清(せあみもときよ)

※ 上手く行くようになるとついつい忘れてしまうのですね!

■絶望といい、不幸といい、それをそうと決めるのは、

所詮、その人の心の仕業である。

してみれば、希望というものは、

まず自分自身の悲哀を克服したところに生まれるものだ。

※ 見方考え方捉え方を楽しむ方に向けるのですね!

◆千利休の「おもてなし」

千利休は茶席において客をどうやって扱うべきかと尋ねられた時、

即座に「どなたも貴人と思うて扱えばよい」と答えました。

私も小さい頃、「茶碗一つ扱うのも、神仏に捧げる思いでしなさい」

と父から厳しく注意されたものです。

相手がどなたであろうとも、亭主によって客は、

何者にも代えがたい尊いお人です。

だから、誠心誠意、歓待する。

これが、日本のおもてなしの原点です。

※ 相手がどういう人でも同じなのですね!

8月14日(金曜日)・できるまでやめないそれが成功の秘訣!

お早う御座います。

できるまでやめないそれが成功の秘訣!

成功するかしないかは、途中でやめてしまうかやめないか、にかかっている。
人によって体力や能力の差があっても、一貫して続けていれば、やがて成功に到達できる。
途中で困ったことにぶつかったり意欲をなくしたときは、初心に返ること。
それは自分の目指す目的を忘れているときだからである。
成功の秘訣はやめないことにある。