人生を楽しむ為に! 「どうにかなる」という考えでなく・・・!

楽しい一生をおくる為に!

悔いのない毎日を!

◆「どうにかなる」という考えでなく、「どうなるか」を研究し、

「どうするか」の計画を立てて実行することだ。

by 鹿島守之助

※ 自分の思い描いたように現実は成るそうです!

■無冠、これが青年の勇気であり、批判であり、変革の、

最大の誇りと、信条でなくてはなるまい。

※ 失敗を恐れてはいけないのでしょうね!

◆「限界」と思っているのは、自分の心であって、事実とは別だそうです。

自分自身で限界という壁を作っているのですね。

もう限界だ!と思っても、翌日には難なく過ごせることもあるようです。

今日という日は残りの人生の最初の日。

今日からまた新しい日が始まる感覚がつくと、

人生がワクワクでいっぱいになるようですよ。

※ 毎日を楽しく過ごす事なのでしょうね!

10月10日(土曜日)・食卓は一家団欒愛和の中心!

お早う御座います。

食卓は一家団欒愛和の中心!

家族一同が賑やかな雰囲気のなかで食事をとるとき、
そこには一日の疲れも吹き飛ばしてくれる大きな威力がある。
本来、家庭は心を癒す所、身体をしっかり休める所である。
ともに食事をとることでお互いの心の交流ができ、
さらに家族の愛が高まっていく。
日本の再建は家族揃っての食事から。

人生を楽しむ為に! げに人間の心こそ・・・!

楽しい一生をおくる為に!

悔いのない毎日を!

◆げに人間の心こそ、無明の闇も異らね、

ただ煩悩の火と燃えて、消ゆるばかりぞ命なる。

by 芥川竜之介

※ 侍時間を大切に過ごさないといけないようですね!

■あの人の勲章は、人間の光がなく、蛍火のようにみえる、

あの永遠の青年の胸には、太陽の光と同じ、黄金の輝きがある。

※ 地道にコツコツ努力することなのですね!

◆大きな夢を抱いている人は、

何でもない一言に何かを感じることが出来るそうです。

夢の実現に向けて、常に様々なことを吸収する姿勢が出来ているのですね。

常に一生懸命な人は、何でもない一言に、涙が溢れてくるようです。

それだけ感情の動きに敏感になっているのですね。

人生を惰性で生きている人には、味わえないことです。

人生というのは、真剣で一生懸命な人ほど、

味わい深く感じることが出来るようですよ。

※ 悔いのない人生を過ごさないといけないようですね!

10月9日(金曜日)一粒万倍日・老人は家の宝!

お早う御座います。

老人は家の宝!

老人は今日の文化を築いてきた功労者である。
老人を敬い大切にすることは、その智慧を受けて己のいのちに目覚め、
活力・気力を発揮することにつながる。
そうした家風の家では、家族が健康であり、子どもも立派に育つ。
日々明るく幸福になっていく。

人生を楽しむ為に! 人生最高の幸福は富でも・・・!

楽しい一生をおくる為に!

悔いのない毎日を!

◆人生最高の幸福は富でも名誉でもありません。

自分のしたいことを見つけ、取り込むことです。

人はそれを生きがいと呼んでいます。

by マーフィ

※ 毎日を楽しむ事なのでしょうね!

■人類を絶滅に導く原水爆は、いかなる国のものであっても、

断固絶滅しなければならない。

※ 人として断固許してはいけないのですよね!

◆壁にぶつかった人は、幸せだそうです。

壁までたどり着けない人が沢山いるのですね。

具体的に壁にぶつかり、どう乗り越えていくかが自分自身の成長になるようです。

壁が高ければ高いほど、試練としての意味が深くなるのですね。

しかし、捉え方を変えると違って見えてきます。

壁の本質は、自分自身の可能性でもあるようですよ。

※ 成功する為の試練なのですね!