人生を楽しむ為に!  楽しい事が1で、試練が9と・・・!

楽しい一生をおくる為に!

悔いのない毎日を!

楽しい事が1で、試練が9と考えた方がいいと言われています。

◆大好きだから踏み出せない。

大好きだから臆病になる。

by 新藤晴一

※ はじめの一歩踏み出すことですよね!

■対立と相克(そうこく)と偏狭(へんきょう)のなかには、

平和への真の対話は生まれない。

※ お互いを思いやることが大事なのですね!

◆幸福を目指した瞬間から、人は幸せ者になれるそうです。

幸せに対する感度が上がり、様々なことに感謝の念が湧いてくるのですね。

逆に「どうせ幸せなんて」と、諦めた瞬間から、人は不幸になるようです。

目の前の全ての物事が、嫌なこととして目に映ってくるのですね。

幸せになるかどうかは、自分の心一つです。

その心の向かう先をしっかり定めるために、

思考錯誤しながら人は成長するようになっているようですよ。

※ 全ては必然偶然の出来事はないそうです!

7月21日(火曜日)・目が覚めたらさっと起きる!

お早う御座います。

目が覚めたらさっと起きる!

人は自力で目が覚めるのではない。
何らかの事情があり必要があって、
大自然の力により目覚めさせられるのである。
そこからその人の大切な一日がスタートする。
その貴重なスタートをぐずぐずしていたのでは、
その日一日が実りの少ないものとなってしまう。
明るくさっと起きて、充実した一日にしよう。

人生を楽しむ為に! 金銭、快楽、名誉を愛する者は・・・!

楽しい一生をおくる為に!

悔いのない毎日を!

◆金銭、快楽、名誉を愛する者は、人を愛することができない。

by エピクテトス

※ 欲を出してはいけないのですよね!

■青年は考える、青年は思う、あとはただ、いかに的確な、

社会貢献への実践が、待っているかということを。

※ 一歩前えと行動することが大切なのですね!

◆倹約倹約とよくいうが、倹約も金か物だけでなく、時の倹約が最も大切だ。

人を上手に使うのも、金を上手に使うのも、結局は時を上手に使うことだ。

漢字でいう浩然の気も、洋学でいう自由も、つまりは時の活用と、

それから生ずる精神と衣食の余裕から初めて得られるものだ。

by 本多 静六

※ 時は金なり、侍時間を大切にする事ですね!

7月20日(月曜日)・後始末が悪ければ七八分で崩れる!

お早う御座います。

後始末が悪ければ七八分で崩れる!

出だしは気合い充分、努力を惜しまず、創意工夫を繰り返し、
全力投球するが、目標達成まぎわで途端に気力が萎える。
または予期せぬトラブルに巻き込まれる。
これは皆、日頃のだらしのない心境の反映である。
身の回りの一つひとつを後始末。
過去の未処理事項wも後始末。
感謝をこめた後始末が、物事を成就させる。

人生を楽しむ為に! 我々は、他の人たちと・・・!

楽しい一生をおくる為に!

悔いのない毎日を!

『我々は、他の人たちと同じようになろうとして、
自分自身の4分の3を喪失してしまう』

by アルトゥル・ショーペンハウアー

※ ついついお利口さんなろうとするのですね!

■最も高遠な哲理も、卑近な日常のことの中にある。

※ 日々の行動を大切にするのですね!

◆人生では、楽しいことが1で、試練が9と考えた方がいいそうです。

楽しいことが10で、試練が0ということはないのですね。

このことは、誰にでも当てはまるようです。

傍からは、楽しいことばかりのように見える人も、捉え方の違いなのですね。

それは、1の楽しいことで、9の試練を吹っ飛ばしてしまう。

それくらい楽しいことを味わいつくすと、

試練が小さなものに感じてくるようですよ!

※ 物事の捉え方で、試練が試練じゃなくなるんですね!