7月19日(日曜日)三合の原理・遠慮は上品な強情!

お早う御座います。

遠慮は上品な強情!

遠慮することは一見、謙虚で美しい姿に見える。
しかし言いたいことも言わず、やりたいこともせず、
じっと我慢するような遠慮は、頑なで強情な姿である。
品位を持って言いたいことはアッサリ言い、やりたいことはサッと行う。
素直で春風のような爽やかな積極性を身に付けよう。

人生を楽しむ為に! 何かしようと思案している間に・・・!

楽しい一生をおくる為に!

悔いのない毎日を!

◆何かしようと思案している間に過ぎて行ってしまう。

人生ってそんなもんだ。

by ポール・マッカートニー

※ チャンスの神様は前髪しかないって言われる事かな!

■所詮、敗者の歌でなく、勝者の歌を、歌うために、

今日も、忍耐と建設の日々なれ!

※ 地道にコツコツ努力することなのですね!

◆成長したいと思ったら、競争するよりも分かち合う心が大切だそうです。

他人の足を引っ張ることなく、助け合い協力し合うのですね。

良い物や情報は、出し惜しみせず、なるべく広め、喜びを分かち合うと良いようです。

喜びを共有するのですね。

分かち合いの心が芽生えた時、人は真の豊かさが得られるようですよ。

※ 俺が、私が、の、我欲を捨てる事なのですね!

7月18日(土曜日)・金銭は努力に正比例して集まる!

お早う御座います。

金銭は努力に正比例して集まる!

まるで生き物のごとく、世界中を流通している金銭。
それは、人の英知と汗によって集まってくるが、集まった金銭で人は、
幸福になるとは限らない。
初めから金銭を集めることが目的だったのか、
世の中に役立つ事業に精魂を傾けた結果、集まった金銭なのか。
金銭が活かされるのは後者である。

人生を楽しむ為に! 「できない」などというものは・・・!

楽しい一生をおくる為に!

悔いのない毎日を!

◆「できない」などというものはこの世にない。

ただ「しようとしない」だけだ。

そうであるなら、ただやるべきことは達成や変革に向かって、

その願望を燃やし続けることである。

by ジャン・アシュホード

※ 最後までやり遂げる、辞めない事なのですね!

■新しい時代の幕は、青年が自らの力で、自らの戦いで、開くものだ。

他の力によって用意された桧舞台(ひのきぶたい)など、

本物の青年が踊り出る舞台ではない。

次代のリーダーたろうとするならば、その舞台は、自らの手で築く以外にない。

”きょうもまた、困難の森を切り開こう!””あすもまた、

汗を流そう”をモットーにしていくことだ。

※ 地道にコツコツ努力することなのですね!

◆人は、個々に役割と使命を持って生れてくるそうです。

だから、一人ひとり皆違っているのですね。

そして、それを達成する為に、個々に良い特性や長所が与えられているようです。

その役割と使命を探し、達成するのが人生でもあるのですね。

短所や欠点を探し、指摘し合うのは、本来の目的とは違っていますね。

だから、長所や特性を活かしていくと、

自ずと嬉しい・楽しい・幸せが満ちてくるようですよ。

※ 助け合いの精神なのですね!

7月17日(金曜日)一粒万倍日・欠点をも愛するそれが真の夫婦愛!

お早う御座います。

欠点をも愛するそれが真の夫婦愛!

子どもへの愛は星のごとく、つねに輝く。
男女の愛は月のごとく、満つることもあれば欠けることもある。
欠けたときにはどうするか。本来欠点のない人間はいない。
そこに人間味があり、愛しさもある。
欠けたところを互いに埋め合わせ、満月にするのが真の夫婦愛である。