人生を楽しむ為に! ★努力せずに何かできるようになる人・・・!

楽しい一生をおくる為に!

悔いのない毎日を!

◆努力せずに何かできるようになる人のことを“天才”というのなら、僕はそうじゃない。

努力した結果、何かができるようになる人のことを“天才”というのなら、

僕はそうだと思う。

人が僕のことを、努力もせずに打てるんだと思うなら、それは間違いです。

苦悩というものは、前進したいって思いがあって、

それを乗り越えられる可能性のある人にしか訪れない。

だから苦悩とは飛躍なんです。

大リーグでは一番(体が)ちっちゃい自分でも記録を作ることができた。

子供達に伝えたいのは、

自分の可能性をつぶさないでほしいということ小さいことを重ねることが、

とんでもないところに行くただひとつの道。

by イチロー

※ 小さなことの積み重ねが大事なのですね!

■小さなことを軽く考えてはならない。

ちょっとした気配り、用心。

それがあるかないかで、百八十度違う人生行路になってしまう場合もある。

飛行機も飛び立つ前に毎回、入念に点検する。

人生の使命を果たすためにも、生活のすみずみにまで心のサーチライトを当てて、

「安全」を確保していきたい。

※ 地道にコツコツ努力することなのですね!

◆人は、一つの癖付けが次の癖付けを生むそうです。

連鎖的に繋がっていくのですね。

この癖付けの連鎖は、池に投げ込んだ小石のようにどんどん波紋を広げていくようです。

初めは小さくても、次第に大きなものとして広がっていくのですね。

波紋を好循環にするか、悪循環にするかなのですね。

小さな気付きの癖付けが、その後の人生を大きく変えることにもなるようですよ。

※ 毎日の小さい事の積み重ねなのですね!

1月11日(月曜日)・天命を喜び人事を尽くす!

おはようございます。

天命を喜び人事を尽くす!

有名、無名を問わず、その道の名人・達人、いわゆる
プロフェッショナルと呼ばれる人々は皆、この境地に生きている。
結果に執着せず、「今・ここ」を力一杯生きる。
その研究・努力の集積が、一流の人物をつくり上げていく。
今の仕事を天職と心得て、なすべきことはすべて、怠けずに遂行していこう。

人生を楽しむ為に! ◆大事を成さんと欲すれば・・・!

楽しい一生をおくる為に!

悔いのない毎日を!

◆大事を成さんと欲すれば、小なることを怠らず努べし。

小積もりて大と成ればなり。

by 二宮尊徳

※ 地道にコツコツ小さい事を大切ねですね!

■青春とは「希望」である、「成長」である。

青春とは「挑戦」であり、「建設」である。

青春とは「正義」であり、「行動」である。

※ 諦めることなく動く事なのでしょうね!

◆その人のタイプによりますが、名前で仕事ができるようになるまで、

徒弟修業みたいな期間が必要だ。

僕は朝早く、みんながまだ寝ている間に起きて、勉強するのが好きでした。

「勝ったぞ」みたいな気になる。

何に勝ったんだかよくわかりませんが(笑)

僕はアイデアは「人」そのものだとも思っているので、 広く浅く、

いろいろなところに首を突っ込んで、多種多様な人に会うことも大事だと思います。

オヤジは、「人生はすべていいほうに、いいほうに、向かっているんだよ」、

と言うのが口ぐせです。

※ 前向きな気持ち、全ては上手く行っている、ヨシ!ですね!

1月10日(日曜日)・食卓は一家団欒愛和の中心!

おはようございます。

食卓は一家団欒愛和の中心!

家族一同が賑やかな雰囲気のなかで食事をとるとき、
そこには一日の疲れも吹き飛ばしてくれる大きな威力がある。
本来、家庭は心を癒す所、身体をしっかり休める所である。
ともに食事をとることでお互いの心の交流ができ、
さらに家族の愛が高まっていく。
日本の再建は家族揃っての食事から。

人生を楽しむ為に! 人生は弱気になったら負けですよ・・・!

楽しい一生をおくる為に!

悔いのない毎日を!

◆人生は弱気になったら負けですよ勇気をだして知恵だして人間って、

放っておくと、だんだんと気持ちが弱気になってくるんです。

そうしたら、遠慮なく勇気を出してください!

そうしたら、続いて知恵が出てきます。

勇気を出す前に、知恵を出してもダメですよ。

勇気のない知恵は、結局実行できませんから。

※ 心の氣が大事のようですね!

■「自分のために、皆を使おう」という心では、人も自分も伸びない。

「皆のために、自分が戦おう」という心であれば、皆も伸びるし、自分も成長する。

この微妙な一念の違いが、重大な違いをもたらすのである。

※ 世のため人のために生きる事なのですね!

◆何をしたらいいかはっきりしない時には、何もしないことをお勧めする。

次にすることがわからないのなら、有意義な行動の前に、見出すべきもの、

あるいは学ぶべきことがあるのかもしれないからだ。

そうした状況では、一歩下がって内面を向き、内なる大いなる力に導きを求めるのだ。

もし何かをしないでいられないのなら、心を安らかにさせることだ。

それは何につけても大切な基盤に立つことになるから、正しい行動はついてくるだろう。

怖れやパニックで行動する者は、単に闇を深くするだけだ。

しかし、安らいだ心で行動する者は、内なる知という静けさからくる言葉や行動で、

光を増すのだ。

安らぎから発する行動と、思考に責め立てられた行動には芳しい違いがある。

※ 急がば回れ、慌てる乞食は貰いが少ないですね!